【起業・開業】仕事として個人で続けることができる社会貢献活動の事例とはいったい・・・

あなたは今、個人で続けることができる社会貢献活動をしたいと考えていませんか?

 

そして、どうせするならできるだけ社会貢献につながる仕事として起業や開業を考えていませんか?

 

ボランティアや慈善事業などではなく、実際に個人で稼げる仕事として続けることができる社会貢献活動の事例があります。

 

現在は、企業などの法人だけではなく個人でもより社会に貢献したいと考え、永続的に続けて社会貢献活動を始めたいと考える人が増えつつあります。

 

何か漠然と社会の役に立ちたいと考えている人もいれば、永続的に仕事や事業として個人で社会貢献活動を始めたいと考えている人などもいて様々です。

 

しかし、それらの人たちほとんどに共通して言えることはできるだけ社会貢献度の高い活動をしたいと望んでいる人が多いということです。

 

さてここでは、ボランティアや慈善事業ではなく、個人で、しかも稼げる仕事として永続的に続けることができる社会貢献活動の事例について紹介していきたいと思います。

 

これから起業や開業をして社会貢献度の高い事業を仕事として始めたいけど、どんな事業が社会貢献度の高い活動につながるのかと考えている方は、よかったら参考にしてみてください。

 

そもそも社会貢献活動とは

 

社会貢献活動とは社会に良い結果をもたらす行いをする事です。

 

学校や地域社会や国など。

 

そのようなまとまりの中にいる人たちのために利益をもたらすことが社会貢献と呼べるわけです。

 

けど社会貢献活動って、規模の小さいものから大きなものまであってわかりづらいですよね。

 

小さなものでいえば、ゴミの分別やゴミ拾い、節電や節水も社会貢献活動になります。

 

募金や寄付、ボランティア活動なんかもそうですよね。

 

規模の大きなものでいえば、雇用の創出や学校の設立も社会貢献活動になります。

 

なかなかこれは個人でできるレベルではないですが。

 

(やろうと思えば頑張ればできる?)

 

社会貢献には、はじめから社会に利益をもたらすことを目的として行う直接的な社会貢献と、特定の事業や活動をすることが結果として社会の利益につながる間接的な社会貢献とがあります。

 

しかし、永続的に社会貢献度の高い活動を行うとなれば、ボランティアや慈善事業では、自分に時間的かつ経済的な余裕がなければ続けるのが難しいのではないかと思います。

 

となるとやはり、特定の事業や活動自体が、社会の直接的な利益につながる社会貢献、つまり営利活動を通して社会にも利益をもたらすことができるということが、永続的に社会貢献度の高い活動を行うにあたっての理想ではないのかと思います。

 

やっぱり個人でも永続的に社会貢献活動を行うためには、仕事や事業としてできるものをおすすめしたいのです。

 

社会貢献しながらお金をもらう

自分の時間や資金を費やしてまで活動する社会貢献には限界があります。

 

社会に貢献しつつ自分にも利益がなければ継続して活動はできません。

 

どうせならやっぱり社会貢献しながら働いてお金をもらいたいですもんね。

 

 

個人でできる社会貢献活動を仕事や事業として起業・開業するのに必要なこと

 

個人でできる社会貢献活動を、稼げる仕事として起業・開業するうえで大切なことは、「より社会貢献度の高い活動」を選んで仕事にできるかだと思います。

 

では日本の社会において、より社会貢献度の高い活動とはどういった事例があげられるでしょうか。

 

それはやはり今この日本で、社会問題としてあげられる大きな課題の解消につながるような活動だと私は思います。

 

そのような活動を、事業として展開していけることが社会貢献につながると私は思うのです。

 

現代の日本における社会問題「少子高齢化」

 

とりわけこの現代の日本社会で大きな問題としてあげられるのは、「少子高齢化」ではないのかと思われます。

 

少子高齢化とは、出生率の減少による少子化と、高齢者の増加による高齢化の2つが合わさったことをいいます。

 

ではこの少子高齢化が今後さらに進むことにより、どのような問題が起こると考えられているのでしょうか。

 

少子高齢化による今後の問題

 

  • 年金制度の崩壊
  • 医療費の高騰
  • 経済成長率の低迷

など

 

このまま少子高齢化が進めば2025年には日本の人口の3人に1人は65歳以上の高齢者になると言われています。

 

そして、少子高齢化が進む原因として次のようなことがあげられます。

 

少子高齢化の原因

 

  • 未婚率の上昇(少子化)
  • 晩婚化(少子化)
  • 出産や育児などの環境未整備(少子化)
  • 医療発展による平均寿命の伸び(高齢化)

など

 

今後、少子高齢化によって起こりうる問題を是正するためには、これらの原因を解消していかなければなりません。

 

社会貢献活動として少子高齢化の解消につながる個人でもできる仕事の事例とは

 

先ほど原因としてあげた、医療発展については今後も進んでいくことでもあるので、高齢化の解消を個人の事業や仕事として考えるのは難しいかと思います。

 

では少子化の解消にむけての社会貢献活動とはどんな事例があげられるでしょうか。

 

出産や育児の環境を整えて子育てのしやすいまちづくりを事業として考えるよりは、そもそも未婚率の上昇や晩婚化が進んでいる以上、まずそちらの解消につながる事業を選択した方が、より社会貢献度の高い仕事になると思われるのです。

 

そこで、未婚率の上昇と晩婚化の解消につながる仕事としてあげられるのが、「婚活ビジネス」です。

 

あなたが「婚活ビジネス」を事業として開業するにあたり、それをサポートしてくれて、この業界でも実績のあるサイトを紹介したいと思います。

 

 

社会貢献活動として個人で仕事をするあなたの起業・開業をサポートしてくれるおすすめのサイト

 

結婚相談所連盟

 

 

少ない自己資金で個人でも起業できる人気の「婚活ビジネス」です。

 

この日本結婚相談所連盟では9割の方が未経験で起業されています。

 

この事業が人気の理由として、

 

  1. 小資本でできる
  2. 自由な働き方ができる
  3. 社会貢献につながる
  4. 高い粗利率

 

があげられます。

 

メディアでの紹介実績も高く、個人の仕事としてできる社会貢献活動におすすめの事業です。

 

≫ 起業前に知っておきたい!結婚相談所開業で注意すべきトラブル事例【8選】

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

個人でできる社会貢献活動をするうえで大切なことは、いかに社会貢献度の高い活動ができるかだと思います。

 

そして、そんな活動を事業として永続的に続けることができれば、よりよい社会を築くことができます。

 

「婚活ビジネス」はあなたが社会貢献活動を始める上での、きっかけになります。

 

今後、事業が軌道に乗り、さらにその事業を大きく育てることができれば、新たに雇用の場を生み出すこともできるかもしれません。

 

雇用の場を作るということは地域貢献につながり、それも立派な社会貢献活動につながるといえます。

 

ここで紹介した内容を、これから始めようとするあなたの社会貢献活動に役立ててもらえれば幸いです。